病棟紹介
floor

  • 総合周産期母子医療センター

    総合周産期母子医療センター

    1992年5月の開設以来、妊娠中から分娩までの母子を一貫して診療しています。
    当院の産婦人科医と県立こども病院の新生児科医の協力により、県内のハイリスク妊産婦の母体搬送を24時間受け入れています。病床数は、産科病棟15床、MFICU6床の21床です。外来と病棟がユニット化し、継続した看護サービスを提供しています。院内助産システムでは、助産師外来、妊婦健診での保健指導、両親学級、母乳外来、産後2週間健診、育児相談など行っています。

  • 2階病棟

    2階病棟

    病床数46床の循環器内科、心臓血管外科の病棟です。循環器内科では心筋梗塞、心不全、など重症心疾患、心臓血管外科では、手術後に集中管理が必要な患者様が多く入院されています。循環器疾患治療では、ME機器を使用することが多く、専門的な知識・優れた観観察力・確かな技術が必要とされています。そのため、医師、看護師、技師が協力してそれぞれの役割を遂行しています。循環器の看護では、状態の急変や生命の危機に直面することがあります。患者様やその家族は大きな不安をかかえているため、精神的な支援も重要な看護として精神的な関わりを大切にしています。救急救命センターの後方病床の役割も担い連携しています。重症度の高い患者様の回復し退院していく喜びを、患者様・家族とスタッフ全員で分かち合いながら看護ができる病棟です。

  • 4階東病棟

    4階東病棟

    病床数49床の腎臓内科、泌尿器科の混合病棟です。腎臓内科は、急性・慢性腎不全、ネフローゼ症候群、心不全等の患者様が多く入院されています。泌尿器科は、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿道系、副腎などの内分泌系、陰嚢内臓器の疾患のある方が入院されています。円滑な治療が継続できるように医師、看護師、コメディカルと協働し合同カンファレンスを行っています。患者様の心情をくみ取り、安心して治療が受けられるよう精神的な看護を大切にしています。

  • 4階西病棟

    4階西病棟

    病床数44床の眼科、形成外科、総合内科、整形外科の混合病棟です。眼科や形成外科は手術を目的として、総合内科では全身状態が不良であっても診断がついていない場合や原因が不明な方、整形外科は手術後のリハビリの時期である方が多く入院しています。特殊性が高いため、全人的に捉え、考える看護師の育成に力を入れ、より質の高い看護が提供できるように心がけています。

  • 5階東病棟

    5階東病棟

    病床数44床の脳神経外科、整形外科の病棟です。脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、感染症、奇形など、脳、脊髄、抹消神経の器質的疾患の方が多く入院しています。急性期の救命処置、検査、手術に伴う看護、急性期の早期から回復期段階におけるリハビリテーション看護、予後不良あるいは慢性的な長期療養者に対する精神的、社会的ケアなど長期間に渡り一貫した看護を行っています。整形外科では、骨折の疾患や安静目的での療養の方が多く入院しています。コメディカルと協働し退院支援や地域連携パスを活用し継続看護をしています。看護の基本は、患者の五感に変わって観察できる技術、患者・家族・スタッフと人間関係を保つコミュニケーション技術やカウンセリング、チームワーク、そして、根拠に基づいたケアであり、看護師一人ひとりがよりよい看護を実践できるようにしています。

  • 5階西病棟

    5階西病棟

    病床数43床の整形外科病棟です。手術を目的とした変形股関節症・膝関節症、スポーツによる関節周囲疾患、脊椎症性脊髄症、脊柱管狭窄症による変形疾患が多く入院しています。入院生活を送る上で日常生活動作の援助を必要とする患者がほとんどです。環境を整え、快適な入院生活が提供できるようにしています。医師や薬剤師、コメディカルと情報を共有しながら患者様、家族の不安や心配な思いを傾聴し、個々に応じた自立支援を進めています。障害を受容するまでの関わりでは、行きつ戻りつする気持ちに寄り添い、小さな前進を共に喜び、患者様の目標に向かって支援しています。

  • 2階南病棟

    2階南病棟

    病床数44床で、外科、皮膚科、婦人科、口腔外科を有する混合病棟です。主に周手術期の患者様が入院しています。手術患者の高齢化とともに、合併症を持つ患者様、術後せん妄症状を呈する患者様も多く身体的・精神的援助を行い患者様の気持ちに寄り添った看護の提供をしています。周手術期看護の展開と同時に、入院時より退院後の社会復帰を想定し、コメディカルと連携を図り退院支援を行っています。

  • 3階南病棟

    3階南病棟

    病床数50床で、血液内科、消化器内科、および水戸市医師会開放型病棟となっています。血液内科は、化学療法を受ける方、消化器内科は消化管出血・急性膵炎・急性胆管炎などの患者様が多く入院しています。急性期から終末期までの患者に合わせた看護を要するため、一部プライマリーナーシングを導入し、患者様、家族に寄り添ったケアを実践しています。

  • 4階南病棟

    4階南病棟

    病床数25床の個室病棟であり、全診療科と小児科を対象にしています。どの患者様にも対応できるように知識と技術を高める努力を日々行って対応しています。緊急入院が多いため患者様がスムーズに治療を受けられるようにし、回復過程を促進できるように配慮しています。看護方式は、PNSとプライマリーナーシングを取りいれています。入院から退院までの看護の責任を持ち、患者の個別性を重視したきめ細やかな看護実践を心がけています。

  • 新3階病棟

    新3階病棟

    病床数30床の地域包括ケア病棟で、急性期の治療を終えた患者様が入院しています。退院後に安心した生活が送れることを目指しリハビリテーションを行っています。個々に応じた退院支援を医師やコメディカルと共に医療チームで行っています。入院前のIADL(手段的日常生活動作)の聞き取り調査から、多種職で情報を共有した医療の提供を行い、患者様が早期から退院後の生活をイメージしたり、リハビリテーションが自主的に実施できるように援助しています。また、退院までの期間に患者様・家族・ケアマネージャーと医療チームでカンファレンスを行い、家族も安心した退院を迎えることができるように支援しています。

  • 新4階病棟

    新4階病棟

    病床数16床で、すべてが個室の緩和ケア病棟です。入院については、患者様や家族と面談をし、入退院判定会議で決定しています。患者様や家族のQOL(生命・生活の質)が維持・向上されるよう共に在り、ともに考え苦痛が緩和されるように支援しています。患者や家族がかかえる苦痛を、全人的(身体・精神・社会・スピリチュアル)な視点から捉えてアセスメントを行い、人生最後の尊い時間を大切に過ごしていただけるよう謙虚な気持ちでケアを提供しています。

  • 血液浄化センター

    血液浄化センター

    血液浄化センターは、病床数35床で血液透析療法を行っています。その他、腹膜透析療法(CAPD)高脂血症に対するLDL吸着療法や潰瘍性大腸炎に対する白血球吸着療法を行っています。在宅での生活を楽しむことができるように身体的、精神的、社会的の3側面からの関わりを持ち全人的な支援を行っています。保存期、慢性腎臓病患者様に対する腎代替療法の情報を提供する場として、腎代替療法選択説明外来を行い多岐にわたる患者支援を行っています。また、慢性腎臓病教室を開講し、医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師が連携し、保存期患者の症状進行予防を行っています。年1回腎臓病啓発イベントを行い、予防医療にも力を入れています。

  • 救命救急センター

    救命救急センター

    ERとICUで構成されています。ERでは、救急車搬送患者やリスクを伴う検査治療を受ける患者様の対応、水戸市ドクターカー、茨城ドクターヘリ搬送の重症患者様の対応をしています。ICUは、ERに搬送後集中治療を必要とする重症な交通外傷、脳挫傷、脊椎損傷、呼吸・循環不全脳疾患、心疾患、手術侵襲大の術後集中管理が必要な患者様、院内発生の救急患者様を収容し治療、看護を行っています。救急の患者様は、様々な疾患を有するあらゆる年齢の方であり、生命の危機が押し迫っています。そのため、緊急度、重症度をいち早く判断できるフィジカルアセスメントのスキルを身につけることが重要です。危機的状況にある患者様、家族の心理を理解し受容的・支援的態度での対応を心がけています。

  • 手術室

    手術室

    手術と医療は日々複雑化し、対象も新生児から高齢者とリスクが高い状況の患者様に手術が行われています。手術で使用するための薬剤管理や器械・機器の整備、医療材料の準備・提供、迅速で確実な検査・撮影など医師、看護師、薬剤師、臨床工学技師、放射線技師など多種職が協力してチーム医療を提供しています。各職種が専門職を発揮し、患者の治療が安全かつ確実に遂行できるように術前・術中・術後を通して包括的な医療を提供し、患者様が1日も早く社会復帰できるように援助しています。

  • 外来診療部

    外来診療部

    16の診療科(内科、神経内科、脳外科、心臓血管外科、皮膚科、外科、産婦人科、眼科、形成外科、泌尿器科、整形外科、小児科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、ペインクリニック、放射線科)と入退院支援センター、総合健診センターで構成されています。1日の外来患者様は800~900名で、病院連携をとり地域に密着した病院としての役割を果たしています。

  • 外来検査部

    外来検査部

    放射線科、血管撮影室、消化器センターでの検査・治療に携わっています。ハイブリットカテ室では、ステントグラフト内挿入術などの高度な治療が行われています。また、専門性を高めてケアの提供ができるように、インターベンションエキスパートナース、内視鏡技師の看護師が在籍しています。医師や他職種、病棟と連携して個別性に合わせた看護ケアの提供、精神面への配慮に努め、安全・安心・安楽な検査・治療の提供に取り組んでいます。

  • 職員健康管理室(岡野里美)

    職員健康管理室

    病院で働く職員の健康管理業務として、健康診断を実施し場合によって面談、保健指導、メンタルなどの健康相談などを行っています。ひとり一人の職員の健康のため、産業医と協力し健康管理をしています。

  • 新人看護教育担当(美野輪由実子)

    新人看護教育担当

    新人看護職員を対象とした活動として、新人看護職員研修の計画・実施や、部署の実地指導者と連携し新人の状況把握、サポートを行っています。新人看護師が、リアリティーショックを乗り越えて、社会人として自立することを支援しています。

  • 医療安全推進室(室長 木村しつ子)

    医療安全推進室

    医療安全推進室では、院内・外におけるインシデントアクシデントの情報収集・分析・再発防止策の検討をしています。また、職員への教育・研修、医療安全ニュースの発行などを通して、安全管理体制を組織内に根付かせるための取り組みを行っています。

  • 退院支援室

    3階退院支援

    患者さんあるいはご家族の抱える経済的、社会的、心理的悩み、病気に対する相談を受けています。入退院の相談窓口、退院後の社会復帰・在宅医療への橋渡し役として、地域の医療・保健・福祉施設との連携調整を行っています。