認定看護師
certification

医療の現場で、高度化、多様化、複雑化する社会や時代の要請に応えるために、看護職員に対し専門分野の勉強会の実施や院内教育プログラムを担当するなど当院の看護の質の向上に積極的に取り組んでいます。院外活動では看護協会の研修会や講習会、看護師養成施設の講師やセミナーの講師など県内外で幅広く活躍しています。

総合周産期母子医療センター 不妊症看護認定看護師 長沼 順子

認定看護師(Certified Nurse:認定された・認証された看護師)とは日本看護協会で制定された制度であり、専門性を高め、熟練した看護技術と知識を用いて看護ケアの質の向上を図ることを目的としています。

専従で活動している認定看護師は、施設全体における状況の評価と予防、管理システムの構築等、医療チームとしての役割を果たしています。認定看護師それぞれが目標を掲げ、所属する部署において専門性を発揮し現場のニーズに応え、看護外来や院内ラウンド、コンサルテーション等、横断的に活動しています。また、院外においても講師や研修会の開催、他施設の認定看護師との交流、連携等、活動の場を広げています。私自身も不妊症看護認定看護師としてヘルスプロモーション(自らの健康をコントロールし改善できる)に基づき、思春期から更年期にある対象の性と生殖に関する健康と権利の支援を行っています。主な活動は不妊症予防教育や不妊グループケアの開催、妊娠時および妊娠後の看護ケアなどです。

そのほか年4回、認定看護師活動委員会を開催しています。委員会では横のつながりを深める目的で各々の看護実践内容を共有、承認し目標に対する振り返り、評価のほか、お互いが活発に活動できるよう意見交換等を行っています。

超高齢化社会において、今後の医療を支えるためにもチーム医療を推進し、看護職の役割を最大限に発揮していくことが必要です。様々な領域のスペシャリスト、よりよい看護実践ができる仲間が増えていくことを願っています。

長沼 順子

新4階病棟 緩和ケア認定看護師 疋田 督子

緩和ケアは「個別性と家族のつながりを尊重した全人的アプローチで、それぞれの生き方を支える」ことを目指すケアです。積極的治療ができなくなり、終末期になってから受けられるものと思われがちですが、がんの進行状況に限らず、がんが見つかった時から治療中、その後も必要に応じて提供され続けることが理想とされています。しかし、病棟においては、すでに体や心のつらさを抱えた患者様が、入棟・入院されてくる状況が多くあります。そのような患者様とご家族に寄り添い、つらさを少しでも緩和できるよう、チームを組んで支えていくこと、また、気兼ねなく相談できる存在であることを心がけています。

様々なつらさを抱えた患者様が、どのように生活したいのか、患者様、ご家族、スタッフと共に考え、日々を向き合いながら活動しています。また、それを実現するにはどのような支援が必要であるかについても一緒に考えながら、毎日のケアを実践しています。必要としている方にケアが届くよう、それを常に心に留めながら活動していきたいと思ってます。

疋田 督子

看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師 江幡 五月

スキンケアを基盤として、創傷(Wound)ケア、ストーマ(Ostomy)ケア、失禁(Continence)ケアの領域で皮膚障害のリスクの高い弱った皮膚に対し、健康を取り戻すことを目的としてケアの提供をしています。
キズが早く治る環境のお手伝いやストーマを保有している方の生活支援、失禁でかぶれてしまった肌を健康にするための方法を提案させていただいています。褥瘡に関しては、褥瘡対策委員会と連携をして、褥瘡の発生予防に努めています。

江幡 五月

救命救急センター 救急看護認定看護師 田中 美穂

2012年救急看護認定看護師取得。2017年更新。

救急看護は、年齢、性別、疾患、社会的背景など様々な対象に対し、緊急度や重症度を判定し、必要な処置や看護ケアを提供します。私が救急看護認定看護師を目指したきっかけは、危機的状況下にある患者家族に対し、専門的知識と技術を提供し、患者家族に寄り添える看護を実践したいと考えたからです。認定看護師教育課程では、同じ志を持った仲間と様々な話や経験をしたことで、目指す救急看護認定看護師像を考えることができました。現在は、救急看護認定看護師として、患者家族によりよい看護ケアを提供できるように実践しています。また、院内外で心肺蘇生法の普及活動を行うなどの活動も行っています。

田中 美穂

外来 乳がん看護認定看護師 鈴木 和子

乳がんは女性のがん罹患第1位となっており、毎年増加している上に、若年型や遺伝性の乳がんも増えています。乳がんは自己検診でも発見できる病気ですが、同時に大きな不安も生じます。乳がん看護認定看護師は、患者や家族の不安への対応や、治療上の身体的・精神的・社会的なサポートを行います。乳がんは治療期間が10年と長期にわたるため、完治を目指すための、治療選択に係る意思決定支援やボディイメージ変容に関わるケア、リンパ浮腫予防・ケアにも力を入れています。また、乳がんに限らず、他のがん患者や家族の告知による不安や苦痛を共に考え、安心して治療に専念できるよう精神的サポートも行っています。

さらに、乳がん患者に関わる看護師への指導・相談などによりモデルケースとなりながら、看護実践の向上に努めています。
講演会やイベントを通して、早期発見・早期治療のため乳がん検診の啓蒙にも関わっています。

鈴木 和子

5階東病棟 摂食嚥下障害看護認定看護師 小泉 雅子

人間として「食べる事」は楽しみの1つです。しかし、脳血管障害や加齢など様々な要因で摂食嚥下障害を引き起こし、食べる楽しみを奪われてしまう事もあります。

食べる楽しみを維持しながら、安全に食事が取れるように多職種チームで関わる事が大切です。NST委員会に所属し言語聴覚士と協働し、安全に食べるため患者様の個々にあった方法を実践し指導に関わっています。

患者・家族様が安心し安全に食事摂取が出来、「食べる楽しみ」を継続できるようにしていきたいです。

小泉 雅子

救命救急センター 集中ケア認定看護師 菊池 舞子

私は「もっと知識や技術を深めたい」「自分より若いスタッフへきちんと指導できるようになりたい」と思い、集中ケア認定看護師を目指し、看護師9年目に取得しました。教育機関での学びは、私にとって、何物にも代えがたい心の財産となっています。

集中ケア認定看護師となり、患者さんへの直接的なケアやスタッフへの指導だけでなく、呼吸ケアサポートチームや院内救急対応システム等の院内のシステム作りや他職種を含めた指導を行っています。当院では、集中ケア認定看護師は私ひとりですが、院内の認定看護師の先輩方や他施設の集中ケア認定看護師の仲間に助けてもらいながら、とても充実した毎日を送っています。まだまだ、知識や技術を深めている途中ですが、少しでも患者さんやスタッフに還元できるよう、今後は早期リハビリテーションや重症化の回避に向けての活動を行っていくことが目標です。

菊池 舞子