interview09

嶌㟢 渉

WATARU SHIMAZAKI

いつでもスタッフ間で声を掛け合い、助け合っている働きやすい雰囲気です

現在のお仕事について教えてください。

私は今、救命センターのICUで勤務しています。 病態や状態などから話すことが難しい患者さんへの声かけなどひとつひとつ大切にし、患者さんや不安を抱える家族の不安やストレスを和らげることができるよう関わっています。

当院に入職を決めた理由は何ですか?

病院見学を通して、スタッフの方々の「患者さんに寄り添い、患者さんの満足度を高める活動」に感銘を受けました。

明るく笑顔で挨拶をされる姿や、多職種によるチーム医療の取り組みを知り、私も一員となって看護ケアを提供したいと思ったことが理由です。

仕事をするにあたって、心がけていることは何ですか?

今はまだ日々の業務についていき、多くの知識や技術を覚えることに必死に取り組んでいます。ですがその中でも患者さんへの声かけや、寄り添う気持ちを忘れずに持ち働いています。また、常に「笑顔」を絶やさず患者さんに接することを大切にしています。自分の笑顔で患者さんのストレスを和らげてあげられたら、安心感を与えられたらと考えています。

入職して良かったと思うことは?

初めての社会人として、病棟では看護師としての「知識・技術・態度」を学ぶにあたって憧れとなる先輩スタッフがたくさんいます。そんな方々から多くの事を学べていることに感謝しています。

また、患者さんへの入院や転棟・処置が多い中、各スタッフが連携している姿を見て、チームワークの大切さを体感し学べていることなど、良かったと感じています。

病院の雰囲気はどうですか?

スタッフ間のチームワークが良く、忙しい時や患者さんの困った時など、いつでも声を掛け合い助け合っている姿や、スタッフ間や患者さんへの挨拶などが明るく行われている姿を見て、働きやすい雰囲気だと感じます。安全で速やかに行えるよう先輩スタッフが声を掛けてくださることや、相談がしやすい環境だと感じます。

看護学生の方、当院への入職を検討されている方へメッセージをお願いします。

当院の魅力は、新人に対して多くの先輩スタッフが声をかけてくださる温かい雰囲気のある関係で、新人が馴染みやすく働きやすい職場環境です。

看護師に必要な「知識・技術・態度」を自分のペースでサポートしていただけるので、皆さんが「なりたい看護師」を一緒に目指しましょう。