interview07

鈴木 ときわ

TOKIWA SUZUKI

患者さんのために自分が何ができるか考え、実践できたことにやりがいを感じました

当院に入職を決めた理由は何ですか?

当院は3次救急を担っており、県内の中心となっている病院です。診療科も多くあり、1つの分野に偏らず幅広い知識と技術を習得でき看護師としてスキルアップできると思い、入職しました。

当院で実際に働いてみた感想は?

私は救命センターに配属になり主に重症な患者さんの看護をする中で、急性期医療について日々学んでいます。業務・看護技術のポイントなどを先輩の看護師から教えていただき、少しずつ病棟に慣れてきました。患者さんの入院・転棟が多い中でスタッフが連携しており、多職種が介入するチーム医療の大切さを感じました。

どんな時にやりがいを感じますか?

業務に慣れてきて自分でできることが少しずつ増えていくこと、患者さんのために自分が何ができるか考え実践できたことにやりがいを感じました。また、自分がチームに貢献できたと感じたときにうれしく思いました。

看護師としてとくに心がけていることは何ですか?

患者さんの病態・状態から直接話をすることが難しい中でも、患者さんへ挨拶や、ケア時の声かけを忘れないようにしています。

また、患者さんとそのご家族と関わる際には不安などの思いを傾聴・共感し、丁寧な言葉づかいや安心を得られるような声かけ、笑顔を心がけています。

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

患者さんを受け持つにあたり、疾患治療に対して観察ポイントをみて看護へ生かし、患者さん自身を理解できるよう、知識・技術を深めていきたいです。そのため一人前の看護師を目指して日々の学びを大切にしていき、自分でできることを一つ一つ増やしていきたいです。

看護学生の方、当院への入職を検討されている方へメッセージをお願いします。

看護学校の講義・実習はとても大変だと思いますが、看護師になり役立つ重要なものばかりです。

看護師になりたいと思ったきっかけや初心を思い出し、国家試験合格を目指して頑張ってください。いつか皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。