interview03

宇佐美 絵理

ERI USAMI

ワークライフバランスを大切に、協力し合いながら日々のケアに取り組んでいます

当院に入職を決めた理由は何ですか?

元々茨城県内で看護師と助産師の資格を取得した後に千葉県で助産師をしていたのですが、結婚を機に再び茨城県へ戻ってくることになりました。総合周産期母子医療センターとして県北地域の周辺病院からハイリスク妊娠の受け入れを行っている当院では、ローリスクのお産から合併症のあるお産、胎児疾患のあるお産等様々な経験を積むことが出来ることから、就職を決めました。

当院で実際に働いてみた感想は?

中途での入職は不安もありましたが、課長さんをはじめ部署の皆さんはとても優しく受け入れてくださり、分からないことは何でも分かりやすく丁寧に教えて下さいました。スタッフ一人ひとりがワークライフバランスを大切にしていて、業務時間内のやりくりが上手くいくよう受け持ちの枠を超えて協力し合いながら日々のケアに取り組んでいます。先生方は助産師との連携を大切にしてくれていて、お産の初見や進行状況の判断について相談にも乗ってくださるので、私自身毎回のお産がとても勉強になっています。

どんな時にやりがいを感じますか?

お産はお母さんと赤ちゃん二人分の命を守っているので、緊張する場面も多いです、それを乗り越えて無事に赤ちゃんが生まれてくれた時の元気な泣き声、赤ちゃんの顔を見た時のお母さんの笑顔は何物にも変え難いです。助産師をしていて良かったとやりがいを感じる一番の瞬間だと思います。

看護師としてとくに心がけていることは何ですか?

「その時との患者さんにとってベストなケア」を心掛けています。妊娠・出産はお母さんの数だけそれぞれに違いがあり、一人ひとりの妊娠・出産に対する思いも千差万別であると日々接している中で感じています。様々な状況にあるお母さん達一人ひとりに最適なケアを提供するにはどうすべきかを常に考え、動くようにしています。

また、ハイリスク妊娠の割合が比較的多い当院では妊娠や赤ちゃんの状態に対して不安を感じているお母さんも少なくありません。そんな不安を少しでも和らげ、どんな妊娠・出産であってもお母さんが安心してお産までの道のりに臨むことができるような関わりを目指しています。

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

妊娠期、分娩期、産褥期それぞれの時期にあるお母さん達に対して切れ目のない細やかなケアが出来るよう日々研鑽していきたいと思っています。また、日本助産評価機構が認定しているCLoCMiPレベルⅢの認定を受け、アドバンス助産師として自立して助産ケアを提供出来るようになることを目標にしています。

看護学生の方、当院への入職を検討されている方へメッセージをお願いします。

自分が今までの実習や事務で学んできたことをもとに、今後どんな分野に取り組みたいのか、興味があるのはどんなことかを自分自身に問いかけながら、就職活動をされている方もいるかもしれません。病院は、規模や診療内容によってそれぞれの特徴や強みが少しずつ異なります。

様々な診療科を備え県北地域の医療を支えている当院では、これだと思う分野を極めるもよし、新しく興味を持った分野があれば異動をして学んでいくもよし、また特定医療行為研修や専門看護師としてさらに学びを深めていくなど、自分のキャリアプランを考える上で様々な働き方が選択できると思います。皆さんと一緒に働くことが出来る日を心待ちにしています!