interview01

河尾 眞美

MASAMI KAWAO

院内研修が充実し、院外での研修への参加のサポートも得られ、働きやすい環境

当院に入職を決めた理由は何ですか?

茨城県に転居し、しばらくはケアマネージャーとして働いていました。以前は他県の済生会病院で勤務していたので、復職の際は一番に考えました。また、救急に興味があったので、救命センターの運営やドクターヘリ、ドクターカーの導入をしており、急性期医療の中心を担っているという点でも入職して知識・技術を深めていきたいと考えました。

当院で実際に働いてみた感想は?

当初は環境やシステム等の違いに戸惑った部分もありましたが、看護部長をはじめ先輩方や同僚が分かりやすく、丁寧に指導してくださり、すぐに慣れることが出来ました。院内研修が充実し、院外での研修への参加のサポートも得られ、働きやすい環境だと思います。

どんな時にやりがいを感じますか?

患者さんやその家族と信頼関係を築くことができ、心身の安定と笑顔を見ることができた時にやりがいを感じます。多職種と協働し、社会福祉サービス等を調整しながら退院支援を行いました。患者さんや家族の希望を確認し、在宅生活をより長くし、安心して過ごせるような調整を心がけています。

看護師としてとくに心がけていることは何ですか?

自分だったらどう感じるか、ということを常に考え、患者さんや家族の立場に立った説明や対応を心がけています。

また、研修に参加し新しい知識を取り入れ、自己研鑽に努めることです。知識や技術を患者さんや病棟スタッフに還元できればいいなと考えています。

今後のキャリアプランや目標を教えてください。

2018年度から特定行為研修を受講しています。区分を増やし、アセスメント力の向上を図り疾患の悪化や入院の長期化を防ぐことが出来る看護師を目指しています。医療安全を目的によりチーム医療を推進していけるよう、リーダーシップを発揮していきたいと思います。

看護学生の方、当院への入職を検討されている方へメッセージをお願いします。

実習を通して患者さんから学ぶことがたくさんあると思います。その学びを一緒に働いて看護の喜びに変えていきましょう。当院で特定行為研修が開始されました。

キャリアアップを考えている方も、学習しながら働き、自身の知識・技術の向上のみではなく、看護の質向上を一緒に推し進めていきましょう。